【PDF】保存設定のおすすめは「X-1a」

これまでなんとなく知ってるつもりで、「プリセットいっぱいあるけこれでいいんやろ」、でやってきたPDFについてあらためて。

① PDFとは

PDF(Portable Document Format)はAdobeが開発したファイルフォーマットです。MacでもWindowでも、PCでもスマホでも、さらに印刷しても崩れないうえ、他にも便利な機能がいっぱいあってとりあえず超便利です。

② 推奨規格:PDF/X-1a

そんなPDFにも用途に応じた規格がいくつかあって、高画質印刷用として推奨されているのが印刷業界で主流の「PDF/X-1a」です。主な特徴は以下。

  • [バージョン]PDF 1.3
  • [フォント]埋め込まれる
  • [カラー]CMYK+特色に対応
  • [透明]事前の分割・統合処理が必要

透明効果を使っている場合の注意点として、上記の通り書き出す前に透明部分を分割・統合しておく必要があります。

③ 書き出し手順

Illustratorから書き出す手順は次の通り。まずは[ファイル]>[複製を保存]【図-1】

【図-1】

ダイアログボックス内で、[ファイル形式:Adobe PDF]>[保存]【図-2】

【図-2】

Adobe PDFを保存ダイアログボックス内で、[Adobe PDF プリセット:PDF/X-1a]>[PDFを保存]すれば完了です。トンボと裁ち落としは必要に応じて設定します。

④ 次世代規格:PDF/X-4

「X-1a」に代わる規格が「X-4」です。主な特徴は以下。

  • [バージョン]PDF 1.4
  • [フォント]埋め込まれる
  • [カラー]RGB+CMYK+特色に対応
  • [透明]事前の分割・統合処理は不要
  • 注)対応しているかは印刷会社次第

RGBカラーにも対応しているうえ、透明効果をそのまま保持できるので素敵。ただし出力するにはAPPE (Adobe PDF Print Engine)というRIPが必要なので、印刷してくれる会社次第といったところみたいです。

正直間違って覚えてたところいっぱ、、、以上です。。。